マットレスのコイル構造の違いによる腰痛への影響ってあるの?!詳しく解説

mattress
家具・インテリア

日々、健康に過ごすことができるのも、色々な方々の支えや、便利なアイテムの支えがあってのことかと思います。そのアイテムも数えたらキリがありませんが、ひとつに挙げられるのがマットレスです。

マットレスは日頃の睡眠を支えてくれる大切なアイテムですよね。ただ、そんなマットレスも自分の身体にあったものでなければ、意味がありません。決して安いものでもありませんので、買う際にはネットでの口コミや実際にお店に行って自分の身体で試してから購入するのが良いかと思います。

でも、その前に少しでも知識を知っておけば、口コミで書いてある事の理解度もアップし、お店での店員さんとの会話もワンランク高い会話ができるのではないでしょうか。

今回はマットレスの内部構造、特にコイル構造によるマットレスの違いについてまとめてみました。

コイル構造によるマットレスの違いとは?!特徴を徹底比較

一般的にコイル構造は2種類あり、「ポケットコイル」と「ボンネルコイル」と呼ばれています。いずれもコイルのバネの力を利用したマットレスで、この2つを総称して「金属スプリングタイプ」とも言われています。マットレスの見た目は同じでも、内部のコイル構造が違えば寝心地や耐久性は大きく異なってきます。この2つのコイルの違いを十分に理解した上で、自分の身体やライフスタイルにぴったりなマットレスを購入したいですよね。

ポケットコイル

コイル1個1個が独立しており、それぞれのコイルが身体を支えてくれます。イメージとしては点で支えているイメージです。その証拠にコイルの数ですが、後述するボンネルコイルが約200本に対して、ポケットコイルはその2.5倍となる約500本が入っております。ポケットと言われている筒状の袋にコイルが包まれていることから、ポケットコイルと呼ばれています。

それぞれのコイルへの負荷が異なる為、ボンネルコイルに比べて耐久性は落ちますが、それぞれの体の部分の形に合わせて沈み込む為、身体にフィットしやすく包み込まれるような寝心地を体験することができます。寝心地を重視する方にはおすすめの構造ですね。

また、ポケットコイルはコイルが独立しているので、横揺れがほとんどありません。つまり隣で寝ている人の寝返りの揺れを気にすることがありませんので、2人以上で使うサイズになる、ダブル・クィーン・キングサイズのマットレスには適していると言えます。ただ、ボンネルコイルと比較して、ポケットコイルの方が高価となります。コイルの数が倍以上違うので、当然といえば当然ですが。この上にダブルサイズともなると更に値段も上がりますので、購入を検討している場合は、より慎重に調べてから購入したいですね。

ボンネルコイル

ポケットコイルは、コイルそれぞれが独立しているのに対して、ボンネルコイルはコイルが連結した構造となります。こちらのイメージとしては面で支えているイメージになります。

ポケットコイルに比べて硬さがあり、寝返りが打ちやすいのが特徴です。また、通気性も良く、それにコイルが連結している分耐久性も高いです。体重の重い方や長期的に使いたいと考えている人にはおすすめの構造です。

しかし、揺れがマットレス全体に伝わってしまうので、2人以上で使うのにはあまり適しておりません。シングル・セミダブルサイズで使うのには適しているかと思います。コイル数がポケットコイルより少ないので、低コストで購入することができます。ただ、ボンネルコイルタイプのマットレスはかなり普及しておりますので、口コミを確認するなどして、品質に問題がないか、評判は良いのかをしっかりと見極める必要があります。

金属スプリングタイプの特徴とは?!

ここまでポケットコイル、ボンネルコイルの特徴について説明してきました。そもそもその大きいくくりとなる「金属スプリングタイプ」とは何でしょうか? メリット・デメリットについて知っておきたいですね。

他のマットレスタイプと比較すると、金属スプリングタイプの特徴は通気性が良いことです。マットレスを使う際にベッドベース部分に、すのこを使うことによって、より効果が出ます。もちろん日々の手入れをするに越したことはありませんが、忙しく休みの時くらいしか手入れできない人には嬉しい構造ですね。

また、金属を使っていることもあり耐久性も高く、長期的にご利用したい人にはぴったりかと思います。ただ、金属を使っているということは耐久性が高い分、それだけ重量も重くなってきます。その為移動性が悪く、また処分するときの手間も掛かってしまいます。

いくら長期的に使うことが出来るといっても、いずれは処分する日が来ます。その際、処分するときに多少お金が掛かってしまうというのが、ネックポイントですね。他にも金属独特の硬さがあり、人によっては気になってしまうかもしれません。

あなたはどれを選ぶ?金属スプリングマットレスとウレタンマットレス

同じコイル構造でも全くタイプの違うマットレスだったのがわかったかと思います。包み込まれるような寝心地を重視したい方や、2人以上で使われる方はポケットコイルを、硬いマットレスを好む方、体重の重い方、安く信頼度の高いマットレスを購入したい方はボンネルコイルを選択するのが良いかと思います。

ただ、実際のところは自分の身体に合ったマットレスを選ぶというのが、より重要になってきますので口コミで評判の良い商品を探す、あるいは直接お店に行って、実際に使ってみるなどして効果を体感するのがより確実ではないでしょうか。

金属コイルと同様に主流なウレタンマットレスの特徴は?

マットレスの主流タイプには今回説明した「金属スプリング」の他にも「ウレタンフォーム」というのもあります。ウレタンフォームを利用したマットレスで有名なのが、「低反発マットレス」と「高反発マットレス」です。こちらのマットレスの方がなじみの深いという人も多いのではないでしょうか。ウレタンフォームの特徴は、なんといっても軽いということです。シングルサイズであればおおよそ5kg程度との重さとなりますので、女性の方でも簡単に移動させることができます。また、身体の形状にフィットしやすく、優しく支えてくれます。ただ、通気性が悪く、蒸れやすいです。それにマットレスの場所によっては温度差が生じてしまい、結露を起こし、手入れを十分に行わないと最悪の場合にはカビが発生してしまう事があります。

まとめ

コイル系のマットレスについて紹介しました。知識が増えたことにより、より自分にあったマットレスが選べそうですね。

金属スプリングマットレスを代表するポケットコイルやボンネルコイルのマットレスは、身体を点か面で支えるという違いはあるものの、どちらとも分厚く高級感のあるマットレスといえます。弾力性と通気性を兼ね備えているため、毎日使うことを考えるとメリットはたくさんあります。

しかし、お手入れや持ち運びなどを考えると、金属スプリングマットレスは不便です。また、0がひとつ多くなるくらい高価なマットレスです。ウレタンフォームの良さを取り入れたオクタスプリングマットレスというのもあるので、コイル系のマットレスが気になっている人は、合わせて調べてみると良いですね。

自分にピッタリなマットレスを見つけて、睡眠に関する悩みを解決しましょう。

みーぷ

2,998 views

元某有名エステサロンにて店長・エリアマネージャー!エステ業界10年以上在籍して現在は育児のため休職中!上級エステサロン資格保有者

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。