低反発・高反発マットレスどっちがおすすめ?!知らないと損する5つの理由

mattress
家具・インテリア

「低反発マットレスを買おうか」と検討しているあなたどこのブランドのものがいいか悩んでいるかもしれませんね。何を重視しますか?値段?ブランド?機能性ですか?色々ネットで調べてると、高反発マットレスという存在を知り、さらに迷いが膨らんでるかもしれません。


「何を一番参考にしますか?」すでにあなたは比較検討するためにメリット・デメリットを書き出してるかもしれません。

それが失敗の原因だったとしたらどうしますか?決めるためにメリット・デメリットを調べたのに余計に悩むようになってしまった。。こんな経験が身に覚えがありませんか?

そんなあなたに知っておいてほしいことがあります。体験談などを見る前に大前提として知っておくべきことがあります。口コミを見ても結局失敗してしまうのはこれを知らないためです。

それは・・・自分の現在の環境に一番あったものを選ぶことです。体験してる人とあなたの『環境』は違います。この環境の違いが決定的な違いを生みます。*環境とは住環境や体型を指します。

ある人にとってはメリットがあなたにとってはデメリットになることも十分あり得ます。つまり、どれがベストかは一概に言えないわけです。

低反発か高反発か決める前に是非一読下さい。「知っている」と「知らない」では雲泥の差が出ます。もちろん、興味あるところから読んで頂いても構いません。

住宅が狭いと感じてる人にはベットではなく収納できるマットレスが良い理由

布団を敷くのがめんどくさくなる時がありませんか?疲れて帰ってきた時や飲んだ帰りなど。「今から布団を敷かないといけないのか・・」一瞬気合を入れて、布団を敷きながら「ベットだったらこんなことにならないだろうに」

「やっぱりベットを買おうかな・・」「やっぱり、高いんじゃないか?」「この部屋のどこにそんなものを置くスペースがあるんだ?」

そんな自問自答を繰り返したことがあなたもあるはずです。実際、ベットはマットレスとフレームがいるため初期費用が高くなりやすいです。

もし家が狭いと感じているならベットはオススメできません。当然ですがベットは場所を取ります。ベットは収納することができません。ベットの分、狭くなります。今まで布団を敷いて生活してるのであればそれは間違いありません。

では、ベットの利点はなんでしょうか?

・敷きっぱなしにできる
・良いベットは寝心地が最高!
・耐性使用年数が長い

個人的には寝心地の違いが一番のメリットだと思います。寝心地にそこまで違いが出る秘密はマットレスにあります。マットレスと敷布団は構造が全く違います。ベットはスプリングを使用してるケースが多いです。

少しイメージしてみてください。バネは押すと倍の力で跳ね返ってきますよね?押されるとバネは倍の力で跳ね返るのは構造的に当然の結果です。一方、敷布団は層にして素材を敷き詰めてるものがほとんです。

使用年数が長くなればだんだん全体的に圧縮されてしまうことは簡単にイメージ出るのでは無いですか?その構造的な違いが寝心地の違いを生む秘密です。

ただマットレスにもデメリットはあります。大きすぎて場所を取るのです。もちろん、好きなところに敷いて寝るなんてできません。家が狭い環境にとってはなかなか厳しい条件ですよね。

かさばらず、収納できて、寝心地が良くなる構造を持ったマットレスがあれば良いのですが・・家が狭くても置けるマットレスを探す3つのポイント

  1. できるだけ薄くて(かさばらないから)
  2. 寝る以外の時は収納できる
  3. 寝心地が違う根拠を持ったマットレス

この3つのポイントを押さえたマットレスが自宅は狭いと感じてるあなたにとって失敗しない重要なポイントです。

 お手入れをこまめにできない人が低反発マットレスを買うと失敗する理由

「高反発がオススメ!」「いや、低反発がオススメ!」そんな記事を見て、「どっちなんだ??」と不安な気持ちに駆られてるあなたへ。まず低反発マットレスのおさらいからしましょう。

低反発マットレスのメリット

  • 包み込まれる感じで気持ちがいい
  • サポート力(体圧分散)が優れている

低反発マットレスのデメリット

  • 体が沈み込むために腰など臓器がたくさん入った部分が特に沈んでしまう

結果、腰痛の原因に体が全体的に沈むために、寝返りの回数が減る。寝返りの回数が減ると腰痛持ちには大ダメージを及ぼす可能性が・・(一番体重のかかる部分の血の巡りが悪くなる→腰痛悪化の原因に)

  • 通気性が悪い

6、7月の蒸し暑い夜は特に寝心地が悪化します。

  • 非常にカビやすい

低反発マットレスは気持ちがいいのですが、『しっかりお手入れできれば』の条件付きです。手入れを怠って、1ヶ月も経つと「カビが発生」してしまいます。

低反発に使われるウレタンは密度が濃いので空気や熱がこもりやすい特徴があります。冬場はあったかいメリットになるかもしれませんが・・カビてしまったら意味ないですよね?

あったかいメリットなんて吹き飛んでしまうと個人的には思いますね。もう一つのデメリットに感じる人が多いのが低反発マットレスは沈み込むので体がしんどくなる。

安物低反発マットレスはずっと同じポジションで寝てると型がついて戻ってこないこうなると、もう使い物にならなくなる。それなら高反発のマットレスがいいのでしょうか?

腰痛だから高反発マットレスがベストとは限らない

高反発マットレス?「低反発の反対かな?」これが私の最初の印象でした。低反発に比べて認知度は低めですよね。たぶん(笑)ちょっと高反発マットレスに馴染みがなかったので調べてみました。

少しイメージしてほしいのですが、低反発マットレスにちょっと重いボールを落とすとどうなります?凹んで、跳ね返らないですよね。

ボスッって感じで(笑)高反発マットレスはちょっと重いボールを落とすと凹むことなく跳ね返ってきます。要は力を吸収しないイメージです。跳ね返す力が強いのですね。

高反発マットレスのメリット

  • 体が沈み込まないので、寝返りがうちやすい。
  • 床で寝てるぐらいに硬めの感覚で寝れる
  • 体をしっかり支えてくれる

高反発マットレスのデメリット

  • 身体が沈みこまないぐらい硬いので、身体が痛くなる。

正直、個人的には魅力を感じませんでした。寝返りを打たないと血行が悪くなって、腰痛などが悪化するのはよくわかります。腰痛の方にはいいのかもしれません。

しかしです。人間の体は正面、後ろ、左右の側面どこを取っても凸凹ですよね。肩と腰が一番出てる人が多いのではないでしょうか?低反発が出てるところは沈んでくれて引っ込んでいるところは支えてくれます。

ちょうどいい感じで体全体を支えてくれます。沈み込まないとなると腰や体の高い部分が宙に浮くので「しんどいのでは?」と思ったのが魅力感じない主な理由です。

ハイブリットが悩みを解決してくれる!?

実はハイブリットという選択肢が・・あります。ハイブリットでパッと頭に思い付くのは自動車でしょうか。ガゾリンと電気のハイブリット「プリウス」ガソリンと電気の特徴をしっかり見極めて、役割分担させることで省エネの商品に仕上げてます。

結果、社会現象になる程大ヒットしましたよね。マットレスも同じ発想で開発した人がいます。低反発と高反発のいいとこ取りをしてるのはもちろん低反発と高反発の不満点も解消しています。

百聞は一見にしかずです。自分の目で確かめてください。低反発で使用されるウレタンを3Dスプリングにすることに成功!

ハイブリットマットレス『オクタスプリング』

octaspring

オクタスプリングが力になれる人は以下です。

  • 低反発や高反発マットレスに不満がある人
  • ベットに不満がある人
  • 「低反発や高反発マットレスのどちらを買おうか?」と迷ってる人
  • 家の狭さからベットを諦めてた人

オクタスプリング5つの特徴

1.低反発と高反発の良いとこ取り!

低反発ウレタンが体を優しくサポートします。3Dウレタンスプリングは硬さを変えることが可能なので、スプリングの硬さを5つのゾーンに分けて配置することで首・肩・腰にかかる負荷を軽減します。腰痛の心配はいりません!

2.ベットを諦めてた人でも大丈夫です!

簡単に折り曲げて持ち運べますから、敷布団のように毎日収納して使用できます!フローリング・畳に直接置いて使用できますし、現在使用してる敷布団・マットレスの上に置いても使用できます!

干すこともできます!専用カバーも手洗い可能です。

3.マットレスをカビらせてしまったことがあるあなた。リベンジしませんか?

スプリング形状なので通気性が高級ベット並に強力です。一般的なウレタンに比べてダニの発生率が90%削減するほどです。

4.簡単にはへたりません!

6万回の圧縮テストにも耐える高い耐久性

5.シングル・セミダブル・ダブルの3種類から選択可能です。

ダブルで使用してもシングルで使用しても寝心地は全く変わりません。独立したスプリングで構成してるため2人で寝ても振動が伝わりにくいです。ちなみにウレタンスプリングを使用した枕もありますよ。

みーぷ

2,846 views

元某有名エステサロンにて店長・エリアマネージャー!エステ業界10年以上在籍して現在は育児のため休職中!上級エステサロン資格保有者

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。