一人でマットレスならセミダブルが一番!サイズ比較と一覧を詳しく紹介

mattress
家具・インテリア

マットレスを選ぶ時は、誰もがおそらく「高反発にするか?それとも低反発にするか?」と悩むのではないでしょうか?選ぶ基準としては、高反発マットレスは体重の重い方や、マットレスを長く使いたい方、腰痛持ちの方に好まれる傾向があります。

逆に低反発マットレスは寝返りが多い方や、寝心地を重視する方におすすめなマットレスです。

ただ、実際のところは使ってみないと自分の身体に合うかどうかわからないというのが現実です。お店によってはマットレスを試すことができますので、実際に寝てみると自分の身体に合うか参考になりますね。

マットレスを選ぶ時には他にも悩む点があるのではないでしょうか?
それはサイズです。寝心地を重視するなら、広々としたマットレスの上で寝るというのも、大事な要素です。ちなみに、大人一人がゆったり眠れるのはセミダブルサイズ。

今までは一人で使っていたマットレスも、結婚し、そして子供ができると、一緒に寝る際には新しくマットレスを買い換えますよね。「でもどのサイズがいいのか……。」と思っている人も多いかと思います。

今回は一般的なマットレスのサイズをよりわかりやすく紹介してみました。

こんなにあるの?!マットレスサイズ一覧

マットレスのサイズは幅と高さで種類が異なってきます。マットレスは決して安くありません。せっかく買うなら自分の身体に合った、マットレスを買いたいですよね。あまりにもサイズが合わないと、ゆっくりと身体を休めることはできません。下記に記載のサイズ一覧から、自分一人ならどれがいいのか、家族全員で使うならどれがいいのか、購入の際の参考にして頂ければ幸いです。

  • セミシングル:幅80~85cm×奥行195cm
  • シングル:幅90~100cm×奥行195cm
  • セミダブル:幅120cm×奥行195cm
  • ダブル:幅140cm×奥行195cm
  • クイーン:幅160~180cm×奥行195cm
  • キング:幅180~200cm×奥行195cm
  1. ショートサイズ:奥行180cm
  2. ロングサイズ:奥行205cm

幅のサイズはメーカーによって数cmから10cm程度異なってきます。正確な数字が知りたい場合は、メーカーの公式サイトを確認すればわかるかと思います。

おそらく、ほとんどの方が一人で寝る時はシングルサイズを選んでいるのではないでしょうか?ただ、一般的にゆったりと寝る為には、身体の幅にプラス30cm程度の余裕が左右両方にあると良いと言われています。

仰向けで寝た際に自分の右手から左手までの、幅は人によって多少異なりますがおおよそ65cm程度です。シングルサイズを使用している場合ですと、
(100-65)/2=17.5cm

つまり左右の余裕が17.5cmとなります。これがセミダブルになりますと、
(120-65)/2=27.5cm

左右の余裕が27.5cmと、ほぼ30cmに近い数字となります。なので、一人でゆったりと寝たい時はセミダブルサイズがベストとなります。もし、寝返りを打った時にマットレスからはみ出してしまう人は、セミダブルサイズがいいかもしれませんね。

セミシングルサイズ

セミシングルサイズは名前のとおり、シングルサイズよりも少し小さめのサイズです。「SSサイズ」と記載されていることが多いです。幅が80cm程度ですので、場所の面積はそれほど取りません。

女性が住むワンルームの部屋や、子供一人が使うのには最適なサイズですね。ただ、多くの大人にはおそらく窮屈に感じるサイズですので、寝返りのことまで考えると少し狭いかもしれません。部屋の場所を使いたくないとか、小柄な体型の人以外はシングルサイズ以上がいいかと思います。

シングルサイズ

シングルサイズは大人一人が寝るサイズとしては基本サイズになります。つまり、「広くもないが特別狭いわけでもない。」というサイズです。よっぽど大柄な方でなければ、一人で寝るのには特に困らないかと思います。それにシングルサイズの利点は他のサイズに比べて、寝具やマットレスのサイズが豊富ということです。選択の幅が広がるのはとても嬉しいですね。

セミダブルサイズ

セミダブルサイズは大人一人がゆったりと快適に寝ることができるサイズです。ダブルと書いていますが、基本的に一人用のサイズです。先程も説明しましたが、ゆったりと寝る理想のサイズは、身体の左右にプラス30cm程度の余裕があることです。

体格のいい方もゆったりとできますし、手と手を広げて大の字に寝たい人にはおすすめです。また、女性は赤ちゃんとの添い寝をするのにも十分なサイズです。添い寝ができる歳になりましたら、一緒に寝るのもいいのではないでしょうか。

ダブルサイズ

ダブルサイズは幅140cmとここまで説明したサイズから一気に大きくなり、大人二人用のサイズです。ただ、大人二人用ですがシングルサイズの倍の大きさというわけではなく、ゆったり眠れるというよりは、最低限の大きさと思っていたほうがいいです。細身もしくは標準な体型の夫婦ならいいですが、どちらかが大柄ですとちょっと窮屈に感じるかもしれません。

クイーンサイズ

クイーンサイズは大人二人がゆったりと寝るのに適したサイズです。ダブルサイズより更に20~40cm程、幅が広くなっており、それこそ関取二人でもなければ、ゆったりと眠ることができます。ただ、夫婦に子供と三人が使うとなると、眠れなくはないですがちょっと狭いかもしれません。

ちなみに、クイーンサイズはマットレスが二つになっていることが多いので、休日等に天日干ししたい時は、比較的容易に移動させることができます。常に清潔な状態で使いたいと思っている人にはおすすめです。

キングサイズ

マットレスサイズの規格の中では、最大級のサイズがキングサイズです。幅が180~200cmと、シングルサイズの倍の大きさとなり、見た目はもはや正方形ですね。夫婦と子供の三人で寝るのに適したサイズですが、とにかくサイズが大きいので場所を取ります。寝室の大きさが6畳ですとおおよそ2/3程埋まってしまいますので、寝室の大きさを十分考慮して購入する必要があります。

ショートサイズ

一般的なマットレスは奥行が195cm前後となっていますが、ショートサイズはそれより小さく、180cm程度となります。セミシングルサイズ、もしくはシングルサイズと組み合わせることによって、部屋に置く面積を少なくすることができます。通常の奥行では置けなかった場所に置くことができるなど、部屋のスペースを有効に利用することができるのは嬉しいですね。

ロングサイズ

ロングサイズは通常の奥行よりも10cm程大きい205cm程度の長さになります。ロングサイズは高身長の方でも足までしっかりと収まりますので、身長の高い人でゆったりと寝たい人におすすめのサイズです。

まとめ

マットレスのサイズは使う人や、用途によって買うべきサイズが異なってきます。一人であればシングルがセミダブル、もしくはセミシングル。二人であればダブルかクイーンの中から選ぶことになるかと思います。

ただ、クイーンサイズとキングサイズ、あとショートサイズとロングサイズは日本での需要が少なく、商品のバリエーションがそれほど多くはないので、自由に選ぶことができないのが難点です。なので、一人ならシングルかセミダブル、二人ならダブルサイズを購入するのが、のちのち付属品を購入する際に便利になってくるかと思います。

ただ、ダブルサイズになってきますと、どこのメーカーでも価格が5,6万円程度と、購入するのには少し勇気がいるかと思います。しかし、オクタスプリングは現在ならキャンペーン価格の3万円程度で購入できます。

持っているダブルサイズがヘタってきた、あるいは結婚してダブルサイズマットレスの購入を検討している、といった人はオクタスプリングのマットレスを買ってみるのも良いのではないでしょうか。

みーぷ

2,998 views

元某有名エステサロンにて店長・エリアマネージャー!エステ業界10年以上在籍して現在は育児のため休職中!上級エステサロン資格保有者

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。