気持ちいい毎日を過ごすために快眠や熟睡を得るためのマットレス分析!

mattress
家具・インテリア

快眠や熟睡を得るためのマットレス分析!気持ちいい毎日を過ごすために日々、ハイパフォーマンスで過ごすためには、睡眠の質はとても大事です。

「あ~、よく寝た~~~♪」

という声とともに、身体を伸ばしながら、快適に起きることができたら、どれだけ幸せなことでしょうか。そうなるためには、しっかり熟睡している必要がありますね。

深い眠りにつくために、大切にしたいのは寝具です。身体をしっかりと支えてくれれば、背骨が曲がることなく、まっすぐな姿勢で寝続けることができるため、熟睡度も高いです。身体をしっかりと支えてくれるという点を考えると、高反発マットレスがオススメです。

低反発マットレスの雲に包まれている感じは、幸福感が得られるように感じますが、背骨が曲がってしまうため、逆に身体がボロボロになってしまうのです。

今回は、熟睡を得るためにオススメな寝具やマットレスに関して書いていきます。

高反発マットレス。たくさんある商品の中での選び方

高反発マットレスを調べると、たくさんのアイテムがでてきます。ニトリや大塚家具など、みんなが知っているような量販店でも見つけることができますし、情報化社会の今なら、ネット通販という形で購入する人も。リアルの店舗の場合、実際に自分が寝ることで、硬さや眠りつきの良さなど、細かいところまでわかります。

ネット通販の場合、使用者の声や口コミ、レビューなどからその商品情報を得ることができます。ただ、使用者によっては、幅のある意見に頭を悩ませてしまいます。

良いことばかり書かれているようなステマや業者のような人から、逆にクレーマー気質の手厳しいことを書いている人。三者三様の意見を自分の中で絞り込むのは大変です。

人の意見を聞いたり、情報をキャッチする際に大事にしておきたいことは、ベースとなる基礎知識です。
マットレスの寝心地がどんなに良かったとしても、熟睡できるかといったら別問題です。

人の意見に耳を傾けるなら、背景まで知ろう

寝具を新しくした場合、今までとは違う寝心地になるのは当然です。やわらかいベッドに慣れていた方が、ちょっぴり硬めのマットレスを使い始めたとしたら、慣れてなくて痛いって感じることもあるでしょう。消費者心理として、楽しみにしていたものが、想像通りの効果と違った場合、マイナスの感情が一気に湧き上がってしまいます。

多くの口コミを見ていると、最初の使い始めは、身体が痛かったけれど、しばらく使っていくうちに悩みは無くなっていたと言っている方、実際に多いです。

楽天やAmazonの商品レビュー欄は、どちらかと言うと感情的に書く方が多いため、その人が言っていることの背景を知ると良いのです。

知識を持った状態でリアルに体験する

マットレスの様に高級な買い物をする場合、どれにするかしっかりと精査して買う。もしくは、信頼している人からの口コミで購入する。このあたりが有力です。5万円~10万円するものを衝動買いすることはおそらくないでしょう。

例えば、高反発マットレスは、なぜ腰痛にいいのか。など、腰痛の原因を知っていくことで、ご自身の睡眠環境とミスマッチしていることがわかってきます。少なくともその対策をすることで、一定の改善が見られるはずです。

また、言葉から意味を間違って認識している場合。これも同様です。例えば、高反発マットレスは、弾力性が強いから硬い。つまり、痛い。と認識する人もいるくらいです。

高反発マットレスは、弾性が強いため、ゆっくりと沈んでいき、体圧が均一にかかってきます。そのため、各部位の筋肉によってかかる圧力は、ちょうどよいもので、ある一点にのみポイントが集中するということはありません。

逆に低反発マットレスの場合、沈みすぎてしまうため、身体が変に曲がった状態で長時間過ごすことになります。そうすると、変に筋肉を使ってしまうため、筋肉へのダメージが強くなります。このことから、腰痛を引き起こしている。と考えるならば、原因がわかるため、対処ができる。

腰痛が治るマットレスは、嘘で、実は正常な状態に戻すことで結果的に治ってしまうと伝えたいのです。

このように、寝具やマットレスのことを知れば知るほど、自分にあったものが見つけられるということです。後は、自分の予算次第で、エアウィーヴやオクタスプリング、マニフレックスなど商品の見え方が変わってきます。

快眠・熟睡を得るために、入眠も大事

腰痛や身体の痛みを改善することで、身体への負担は少なくなり、自然な寝返りがうてる様になります。しかし、それだけが眠りの深さと密接に関わるのではありません。

どれだけリラックスしている状態で眠りにつけるかが大事です。脳みそが安らぐために、寝る前の1~2時間は寝るための準備をしましょう。

入浴をしっかりし、リラックス状態を高め、副交感神経を優位に働かせましょう。女性であれば、スキンケアをしっかりし、幸せを感じるような状態を作り出し、ゆったりできるような音楽をかけると良いでしょう。

部屋の温度も快適にすると良いのです。暑くなく、寒くない快適に過ごせる温度に設定しましょう。

副交感神経が優位になってくると、血液の流れがゆったりになります。すると体温も徐々に落ちてきます。

マットレスを自分の身体に合ったものにするのはもちろんのこと、熟睡するためには上記のように熟睡するための準備が必要です。

もし、眠りに悩みを抱えているならば睡眠環境を変えていくことをやってみると良いですね。

高いものが良い?!安いものでも工夫次第では快眠マットレスに

sleep

寝具を選ぶ際に、どれくらいの予算をかけるか。よほど余裕があるならば、1枚10万円近くするマットレスを購入しても良いでしょう。しかし、多くの方の場合、そのような状況は許さないはずです。できる限りお金をかけずに、ちょっとでも快眠が得られるマットレスを選びたいですね。

モットンやエアウィーヴといった、1枚あたり5~10万円程度するマットレスは、品質は良くて、身体にも良くて、熟睡できます。しかし、購入しようとする時に躊躇してしまう値段でもあります。

ヤーマンという美容機器メーカーから出ている【オクタスプリング マットレス】は、定価は6万円近くするものですが、キャンペーン価格として、2万円程度で購入できてしまいます。

実際に使ってみても、十分に熟睡できるマットレス。ただ、7cmという高さなので直接床に敷くと床に当たります。気持ちよく熟睡するためには、別の布団やマットレスの上に敷いて寝ること。そうすることで、宙に浮いているような感覚で横たわることができます。
横になった瞬間、コクっと眠りについてしまうような、心地よい睡魔が襲ってきます。数千円くらいの安いマットレスでは深い眠りを得ることは難しいですが、2万円程度でも高級マットレスと同等の効果が得られるのはうれしいですね。

まとめ

快眠を得るために必要なのは、マットレスだけでなく、入眠のための準備も必要です。ただ、寝ている間、身体が痛み出してくるとせっかく深い眠りについているのに現実に引き戻されてしまいます。身体が痛いって、泣きながら……。

身体をしっかりと支えてくれる高反発マットレスを中心に、自分にぴったりなものを選びましょう。そして、熟睡をするための習慣を身につければ結果的に「あ~、よく寝た!」という声とともに起きることができます。

朝起きた時の状態が、毎日の活力になっていくはず。幸せな日々を過ごすためにも寝具をはじめ、マットレスにはこだわってください。

みーぷ

2,842 views

元某有名エステサロンにて店長・エリアマネージャー!エステ業界10年以上在籍して現在は育児のため休職中!上級エステサロン資格保有者

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。